あおみの特徴

あおみの特徴

あおみでの食事について

小見出しを入力します

ただいま、工事中です

リハビリテーション

リハビリテーションについて

再びもとの生活に近づけること。なるべく自分でできることは自分で行い、生きがいを持ち、楽しく生活することです。必ずしも運動訓練だけがリハビリとは限りません。

リハビリスタッフ

理学療法士

各種治療手法を用いた運動療法や、温熱などを利用した物理療法により、起きる・立つ・歩くなどの基本動作能力の向上を図ります。

作業療法士

腕や手指の機能に対する訓練や、日常生活動作(着替え、排泄など)の訓練を行います。また、認知症に対するリハビリや、手工芸などの作業を使ったリハビリを行います。

 

各サービスのリハビリについて

通所リハビリテーション(デイケア)

在宅生活の継続・向上を目的にリハビリを行っています。主に機能・能力障害に対するリハビリを行います。また、集団で行う体操、レクリエーションなどは介護スタッフと一緒に行います。

 2階入所

能力訓練、間接可動域訓練などの訓練を行います。生活で必要な動作に対する訓練を行い、在宅生活に向けたリハビリを行います。

 3階入所(認知症専門フロア)

認知症高齢者を対象にリハビリを行います。回想法やカレンダー作りなどの創作活動を行います。また、寝たきりにならないように日常生活を通しての運動訓練も行います。

 そのほかの取り組み

自宅訪問、訪問リハビリ(更生訪問看護ステーションより)あおみ介護教室、勉強会などを行っています。

 家庭でもできるリハビリ

車椅子に乗っていて立てる方は顔を洗うときには洗面所で立って顔を洗うといった習慣をつけると良いでしょう。食事の時にはベッドで食べずに食堂で行き、家族と食事することも大切なリハビリです。そのときには、車椅子から普通のいすに移ると良いです。短い距離なら歩ける方はトイレに行くときなど少しずつ歩く習慣をつけましょう。できるだけ本来の生活に近づけること、なんでも自分でやろうと意識することが大切です。